Phirosu's Diary


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・歩き始めた無数の文字たち・・・・何処に行くの?!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



 1月 19日 木曜日

布哇記 epilogue


午前中の便で、ホノルル空港を発ち、日本時間の翌日の午後に成田空港に無事到着した。
 偏西風のせいで、行きよりも少し飛行時間がかかったが、K氏のご両親を連れて到着した。K氏は、友人と3日後に帰国の途に着く。
 行きとは逆に、成田到着1時間前に、ハーフパンツにTシャツ姿から、防寒スタイルに変身した。

 当日、夕方、愛犬はんぞうが尻尾を激しく振って、飛び掛かってきた。年末までに、カットしていなかったので、ボサボサでした。
 「まっ!これも可愛いす!」(笑)

 

 
 


 1月 18日 水曜日


 

布哇記 episode 10


夕食は、肉類を食べたいとのk氏のご両親の希望を入れて、k氏が、ステーキハウスを予約しておいてくれました。
 k氏の奥さんの友達夫婦も一緒に来て、結構、楽しい時間を過ごしました。
 こちらに来てから、ハワイのビールでしたが、今晩は、冷えた「キリン一番搾り」を飲みました。「プハッ!!うまかぁ~!」でした(笑)

 ステーキは、調理人のパフォーマンスもあり、面白かったです。

 今回の旅行は、k氏がいなかったら、とてもこのような旅行はできなかったと思っています。とても感謝しています。

 年末から年始にかけての短い時間でしたが、充実した時間でした。
 明日、帰国の途につきます。
 愛犬はんぞうも待っています。。元気かな?

 ◆写真は、「最後の夕食会のステーキハウスにて」

 

 1月 17日 火曜日

布哇記 episode 9


「ワイキキ水族館」は、ワイキキビーチからも近い。
 入場したのは、午後遅くなってからであったが、ガイド端末を利用して、日本語で展示をることができる。係員はとても親切に思われた。
 
 魚より、海岸線にいるサンゴなどの展示が優れていた。子供向けの貝や蟹などの小さな生き物に触れられるコーナーもあった。大型の魚類の水槽などは無かったが、屋外コーナーに、人懐っこい「アザラシ」クルクル遊泳して、可愛いかった。顔を見て、愛犬はんぞうを思い出した。

 夕食会は、k氏の友人の都合もあり、午後8時頃のため、少し、皆で浜辺を散策した。
 その後、一旦、宿舎でシャワーを浴びた。宿舎のコンドミニアムには、共同のプールとジャグジーバスがあったが、ジャグジーバスは、午後9時までらしく、利用することが無かった。また、ハワイ行っている期間、結局、水着をもって行ったものの、膝くらいまでで、海水浴では、海にも入らない結果となった(笑)

 ◆写真は、「ワイキキ水族館内」、「夕暮れのワイキキビーチ」

 

 

 1月 16日 月曜日


 

布哇記 episode 8


ダイヤモンドヘッドの駐車場まで戻り、街中に戻る途中で食事をとることになった。私は、「フルーツ」と「ロコモコ丼」を頼んだ。
 「ロコモコ丼」は、想像してものと少し違い、ハンバーグがなく、ライスの上に「ビーフストロガノフ風」がかかり、その上に「目玉焼き」がのっていた。
 試しに「目玉焼き」の下を見たが、ハンバーグは無かった(笑)

 でも、冷やされた果物はとても美味しく、「ロコモコ丼」も美味しく感じられたから、「まっ、いっかぁ~」でした。

 今晩は、k氏の奥さんの友達を含めての夕食会の予定。まだ、時間が有るので、動物園でなく、水族館に寄ってもらえた。

 ◆写真は、昼食の「フルーツ」と「ロコモコ丼」

 

 1月 15日 日曜日

布哇記 episode 7


昨日の「ワイケレ・プレミアム・アウトレッド」から宿泊先に戻り、K氏と両親は用事で外出。
 私は、TV放送もTVショッピング番組ばかりのため、食材の買い出しに、ワイキキ通りを散策。地元の美味しいとされる店も、何故並んでまでして食べるのかわからず、現金も200$くらいしか、持ち合わせが無いため、近くの小さなマーケットで、食材とビールを購入。浜辺は、結構、人が出ていたが、宿舎に戻り、シャワーを浴びた。

 明日は、早朝から、「ダイヤモンドヘッド」の山頂まで行くと聞いていたので、軽くビールを飲んで、就寝した。

 朝は、午前7時前に起きてしまった。K氏の両親は、深夜12時位に戻ったようであったが、同じ頃に起床した。
 午前9時前に出発し、レンタカーで「ダイヤモンドヘッド」を目指す。
 外観から、高い山に見えたが、元々、火山の噴火口状態の駐車場から、山頂を目指す。半分は、舗装されており、高齢者でも歩いて行ける。残り半分は、山道に近く、手すり等はあるものの、急こう配もあった。
 概ね1時間余りで、頂上にいたるが、トーチカみたいな山頂で、狭いため、皆早めに下山している。山頂からは、ワイキキビーチの街々が一望でき眺めがいい。
 山頂からさらに先に降り口があったが、道が崩れていて、通行止めになっていた、K夫婦、ご両親らと記念撮影してから、下山したが、それほど疲れなかった。
 来るときにあった、動物園か水族館に行きたい旨、希望を出したら、時間を見てからと言われた。

 ◆写真は、「ダイヤモンドヘッド駐車場から山頂を望む」と「水族館近くからのダイヤモンドヘッド外観」
 

 

 

 1月 14日 土曜日


 

布哇記 episode 6


、「ワイケレ・プレミアム・アウトレッド」は、高速道路添いにあり、交通の便がいい。普通のツアー観光では、買物は、アラモアナセンターから、ワイキキのカラカウア通り添いで、十分足りると思われるが、レンターカーがあるので、遠方まで来られる。その意味で、左ハンドルで走れるK氏をすごいと思いました。
 国内での旅行でも、よくアウトレッドや道の駅に寄ることは、好きなほうであるが、ここで三時間は長く思われ、途中で、独り休憩をしていました。
 休憩中、通り過ぎる東アジア系では、会話言葉から、日本人2:韓国系1:中国系1の割合に感じられました。

 ハワイのショッピングセンターは、比較的手洗いなども分かり易く、年寄連れも安心して、回ることがことが出来ますね。軽食も気軽に食べられますね。
 ワイキキには、「丸亀製麺 うどん店」があり、昼時は、多くの外国人が行列をしていますね。また、ショッピングセンター内でも、味の保証はしませんが、味噌ラーメンなども食べられます。
 私は、こちらに来て、行く先々でいろんな種類のアイスクリームを食べ続けていますw

 ◆写真は、「ワイケレ・プレミアム・アウトレッド」、「同 休憩所」
 

 1月 13日 金曜日

布哇記 episode 5


K氏の運転で高速道路をかなりのスピードで走る。高速道路を降り、少し、道を間違いながらも、「モアナルア・ガーデン」の駐車場に到着。新宿御苑みたいな入口ではなく、特に門は無いように思えた。入口横に小さな小屋があり、そこで、Tシャツや絵葉書みたいなものを売っているが、商売気は薄い。入場料を払うようなことを聞いていたが、全くその様子なく、フリーな感じである。このガーデンには、私が希望して寄ってもらいました。

 来ている人は、どうも日本人ばかりらしく、日本語がよく聞こえました。
 ここは、もともとカメハメハ王の庭園であったような。
 日本では、園内の「モンキーポッド(アメリカネムノキ)」の大木で有名。CMソング「この木なんの木、気になる木~♪」で映像で見る樹です。モンキーポッドは、もともとハワイでは、外来種ですが、結構、あちことで見ますね。
 
 園内の地面は、ほとんど芝生に覆われていますが、早朝の朝霧か通り雨で芝生がぐっしょり濡れていました。ボケェーと一時間位を過ごしました。
 樹の根元から上を見上げると、とても変わった空が見えました。

 パールハーバーを通過して、「ワイケレ・プレミアム・アウトレッド」に向かいました。ここは、K氏の奥さんが、K氏のご両親に何かプレゼントしたくて寄ることにしたようです。

 ◆写真は、「モンキーポッド(アメリカネムノキ)」、「樹元から見上げた空」

 

 



 
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー