戸沢ひろゆき 日々の日記


 元地方議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 3月 23日 月曜日


 

勤め先が決まった孫


いよいよ4月が・・・孫が社会に飛び立ちます。昨日、典子さんといろいろ話し合っていました。やはり大学を卒業するまでにローンは450万円になると・・・、孫は語っていました。すごい金利がとられると思います。私の貯蓄に今、銀行の金利は0.01%です。勉強したいと、基礎的知識を身につけたいと思ったら「学生・出世サラ金」を受けるしかないんですね。
 親たちだって必死に働いているわけです。

 写真は白一色  今後、今は真っ白ですが、どういう色に成長するでしょうか・・・白いモクレンです。
 


 3月 22日 日曜日

我が地域の奥座敷へ



 昨日、4年ぶりに御岳橋から下って澤ノ井酒造・ままごとやの庭で食事しました。典子さんが交通事故で首と腰を痛めているので連休でもあり、我が地域の奥座敷へ連れて行きました。だいぶ腰の痛みがひどいようでしたが・・・歳をとれば夫婦そろって「奥座敷」にも行けなくなるでしょう。
 

 

 3月 21日 土曜日


 

四ツ葉のクローバー探し


我が家の私道(お隣の出入り口)に芽を出したのが四ツ葉のクローバーです。

 この葉っぱの中から四葉のクローバーを探します。さて この写真の中にあるのでしょうか???。私は自分のパソコンに撮りおさめたクローバーがあるはず、探しています。
 

 3月 20日 金曜日

春の彼岸会 法要を休む


世界で22万人が治療することに、1万人が亡くなっています。日本では陽性と診断された人が1671人、死者は40人だと報道されています。

 子どもたちから「日暮里に行くならついて行く!」、「出来れば欠席しなさい」と言われてしまった。いよいよ体力的に子どもらの助言を聞いて生活する歳になったという事でしょうね。数日後の4月3日の誕生日で79歳になります。電車の混雑が気になりますね。

 電話で参加できないとお断りして3000円の小さな御塔婆を申し込みました。平日でもいいので、コロナが居ない日に? 「仏様に会いに」行きます。母と弟が安置されています。
 

 

 3月 19日 木曜日


 

春季彼岸会は休みます



 子どもたちの心配に応えるのも彼岸と考えて彼岸会はお休みします。塔婆供養としてお寺に欠席の知らせをしました。

 コロナウイルス、癌の治療中という事で・・・一坪しかない庭に春がやって来ました。
 

 3月 18日 水曜日

暑さ寒さも 彼岸まで



 昨日から急に春らしく暖かくなり始めました。連休も始まりますね。これでコロナウイルスが全滅してくれればね・・・

 20日の日のお彼岸には日暮里の谷中、宗林寺にいきます。日暮里に着けばコロナウイルスは大丈夫でしょう。行き返りの電車が心配です。
 地元瀬戸岡の春のお祭りも役員だけで神社で行うと回覧が回ってきました。秋留台公園にも桜前線が到着しました。
 

 
 

 3月 17日 火曜日


 

120枚の市民連合のビラを配布


「くらしが変わる! 公約実現に前進・・・村木市政」の市民連合あきる野のビラを我が家の家の周り・指定された地域に120枚配布しました。

 考えてみると、現職の進歩的、市民生活重視の市政として「与党」の立場から地域にビラ配布するのは初めてです。
 
 昨年の10月の市長選挙で市民連合あきる野と後援会が頑張って村木秀幸さんを市長に送ることが出来ました。
 私の地域での政治活動で与党としてビラを配るのは珍しいというより初めてです。「市政会?」という自民党の野党の議員が、あれやこれやと市長の政治姿勢について市議会一般質問で発言していましたが、自分たちの議員活動の弱点が「生み出した」敗北なんです。今までの活動に「おごり」があったからだと元・市の職員が語ってくれました。

 戸沢さんが与党になった村木市長さん側の市政報告を配っているのは不思議ですね・・・ある地域の人に言われてしまいました。
 
  



 
2020年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー