戸沢ひろゆき 日々の日記


 元地方議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 8月 1日 木曜日

安倍晋三首相に対し緊急の申し入れ


しんぶん赤旗 2019年8月1日

 貿易問題や「徴用工」問題などをめぐり日韓関係が悪化するなか、安倍政権が韓国むけ半導体の原材料などの輸出規制に続き、韓国を輸出管理の手続きを簡略化する優遇措置の対象国(「ホワイト国」)から除外する政令改正を8月2日にも閣議決定すると報じられたことを受け、日本共産党の志位和夫委員長は31日、安倍晋三首相に対し緊急の申し入れを行い、事態の外交的解決を要請しました。


記者会見する志位和夫委員長=31日、国会内

 志位氏は同日、国会内で記者会見し、「日韓関係にきわめて深刻かつ重大な悪影響を与えることが強く懸念される」として閣議決定の見送りを求め、「現状を維持したうえで、韓国政府との話し合いの席につき、事態の外交的解決の努力を」と緊急に申し入れをした趣旨を説明しました。
 文書は、穀田恵二国対委員長が自民党の森山裕国対委員長に手渡しました。両者は「深刻な事態」との認識で一致し、森山氏は「ただちに安倍首相に伝える」と応じました。
 志位氏は会見で、安倍首相が7月7日のフジテレビの党首討論で「徴用工の問題で、国と国との約束(日韓請求権協定)を守れない国であれば(安全保障上の)貿易管理をちゃんと守れないだろうと思うのは当然だ」と述べ、「徴用工」問題の解決の手段として輸出規制を行ってきたことを指摘。「この時の党首討論でも述べたことだが、政治的な紛争の解決の手段として貿易問題を使うのは政経分離の原則に反する『禁じ手』だ」と厳しく批判しました。
 一方で、外務省が、輸出規制を「徴用工問題とは関係ない」「あくまで貿易管理の問題」と説明している点にふれ、「首相の説明と外務省の説明が違う。こうした政府の矛盾した態度は国際社会ではとうてい通用しない」と断じ、「政治上の紛争解決は外交的な話し合いで解決すべきだ」と強調しました。
 志位氏は、輸出規制により、すでに民間交流に影響が及び、日本の輸出企業にとっても打撃になっていると指摘。「ホワイト国」除外に措置を広げれば「両国間の国民レベルでの感情が悪化し、経済関係もいよいよ深刻になる。出口のない泥沼に落ち込み、関係悪化の悪循環を引き起こすことになる」と警鐘を鳴らし、冷静な外交的解決を重ねて求めました。
【申し入れ全文】
 一、日本と韓国の関係が悪化するなか、安倍政権が、韓国向け半導体の原材料などの輸出規制に続き、韓国を輸出管理の手続きを簡略化する優遇措置の対象国(「ホワイト国」)から除外する政令改正を8月2日にも閣議決定すると報じられている。この措置をとるならば、日韓関係にきわめて深刻かつ重大な悪影響を与えることが、強く懸念される。
 一、安倍首相は、韓国に対する輸出規制の理由について、「徴用工」問題にかかわって「国と国との約束を守らない」ことをあげた。しかし、政治上の紛争解決の手段として貿易問題を使うのは、政経分離の原則に反する「禁じ手」である。政治上の紛争の解決は、あくまでも外交的な話し合いによって解決すべきである。
 一、わが党は、緊急の対応として、安倍政権に対して、韓国を「ホワイト国」から除外する政令改正を見送り、現状を維持したうえで、韓国政府との話し合いの席に着き、事態の外交的解決の努力を行うことを要請する。

 
  


 7月 31日 水曜日

スベリ症との闘い



 3ヵ月前、一斉地方選挙で青梅市に応援に行って階段でへずってからパソコンの前に30分座っていたら大変です。その日は夜遅くまで経っても痛みが取れませんでした。地元の整形外科に行って対応しましたが、痛み止めと湿布しか出してくれませんでした。

 どこで、どうしたのか???と聞かれましたが一斉地方選挙で「結果」が出るまでは発表できませんでした。その後、参議院選挙に入ったので、ますます「公表」出来ませんでした。
 その理由は・・・奥村整形外科の先生から 病名は、「スベリ症」と言われたからです。パソコンに座って時々、足腰の体操をしています。そうー今もです。!!!
 

 
 

 7月 30日 火曜日

青春時代の サントリーバーを思い出す


20歳の頃、仕事帰りに職場の同級生と三鷹の八丁通りのサントリーバーで飲んでいたお店を思い出しました。
 この店で仲間と政治を変えて若者の未来をつくろうと、よく語り合っていました。

 店のママさんがカサブランカの花と香りが大好きだと何時も言うので友とワリカンで花屋さんで買って店に届けたことが思い出しました。
 あの時代から58年も経過するのです。

 我が家のお隣の黄色で見事に咲いた山ユリを観たせいでしょうね。
 
 何年か前に井の頭公園でメーデーがあった時の帰りに八丁通りを散策しましたが「お店」はありませんでした。ママさんは元気しているでしょうか。
 友と語り合った時代を想い出します。
 

 

 7月 29日 月曜日

長い日時がかかりました


秋川駅階段の「自由通路」は、都市計画道路で建設した当初には屋根もついていませんでした。完成した当初から南口に整形外科の病院があり薬の投薬が北口の駅前にあるという患者から、エレべーターの設置を求める市民の切実な声が訴えられました。
 自由通路として階段が出来てから30年近くの歳月が経過しています。途中で階段に屋根をつけさせました。
 
 この間、各駅から500㍍内をバリアフリー法に基づき都の総合交付金が都から出るようになりましたが、あきる野市は取り組みがされませんでした。

 元議員の私も当時何度も本議会や環境建設委員会、予算要求書をもって三役とも何度も交渉しましたが「予算が足りない」の一点張りで計画が進みませんでした。
 私どもは16年ほど前に、市民と力合わせ陳情署名運動を展開しました。

 けして今の市長が・・・「私が設置しました」なんていえません。遅すぎです。この数年、拝島駅が改修され、身体のハンディのある市民は拝島からタクシーを利用して瀬戸岡地域に帰って来る市民もいるのです。
 

 7月 28日 日曜日

盆踊り大会の始めにビンゴ大会


地区子ども会のお母さんたちが考えました。みんながヤグラの舞台の周りに集まり、それでは踊りの曲をかけましょう!!!異年齢で子ども達は丸くなって集まりませんね。

 そこでお母さんたちが考えたのが・・・100人を越える異年齢の子どもがまわるくなって集中し、同じ興味を持つことが出来る「ビンゴゲーム」だったんですね。

 盆踊りの始めにビンゴゲーム!!!。いいですね、あわてて写真を撮りました。
 

 

 7月 27日 土曜日


 

苦髪 楽爪


写真を整理していたら義父の神崎清さんの車椅子生活の写真が見つかりました。
 義父を看ていたのは義母の茂子さんと娘の我が奥さんの典子さんでした。
 我が家では50年前にポンコツのマイホームをこの瀬戸岡に建てた発想は、私の母の「まつ」と同居せざるを得なかったから建てたのです、当時の借金は労働金庫から200万円と横河電機のマイホーム借金でした。まつ母は元気なので私達夫婦と同居といっても食事も自分ですべてやれていたのです。

 母が公立阿伎留病院で一泊二日であの世に行ってしまったので、典子さんの両親を迎えたのです。従って3人のお年寄りと同居してきたのです。

 茂子おばあさんが、私達に残してくれたのが・・・苦髪 楽爪という言葉です。苦労すると頭の髪の毛が白くなり白髪に、楽をしてノホホンと暮らしていると手の爪が驚くほど伸びてしまうという教えです。
 
  

 7月 26日 金曜日

同級生の仲間からフェイスに投稿が


武蔵野2中 2年生の時の担任だった故高橋八重子先生の写真です。

 私にとってはすごく大切な恩師でした。

 職員室に呼ばれて、「勉強すれば君は出来るようになる」と他の先生が居る時に激励してくれたことを78歳になった今も思い出します。?? 

 高橋先生の「勉強すれば出来る!!!に、当時、その気になって頑張ったのです。当時、期末試験、模擬テストなど100番まで名前が発表されていたのです。
 いつも、ここに名前が掲載されたことがない私が・・・突然50番目ぐらいに掲載されたのです。同級の仲間から冷やかされました。
 私より・・・八重子先生が驚いたと思っています。

 

 
 



 
2019年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー