戸沢ひろゆき 日々の日記


 元地方議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 12月 5日 水曜日


 

菅平 ペンションホボへ


お正月に予約を取っていましたが、お正月は孫たちの日程が合わず、娘の陽子さんの運転で典子さんと3人で既報のように菅平に出かけて来ました。

 リンゴの収穫の時にぶつかり、楽しくリンゴを袋に入れ放題で1000円だというので欲張ってリンゴを袋に入れました。こういう時は「欲」が出るもんですね。隣で袋に入れていた子どもさんと競争してリンゴを入れて大騒ぎしてきました。

 菅平の奥ダボスのスキーのゲレンデには雪が無く、人工的に雪を降らせていましたが、ゲレンデは広くて人工雪では積もっていませんでした。ただ今、積雪中です。お正月休みまでに雪が降らないと、スキー場は大変ですよー。

 


 12月 4日 火曜日

良子おばさん 逝く



 子どもの頃から、今から70年前から大変お世話になった戸沢良子さんが96歳で亡くなりました。
 良子さんは私の母の弟の戸沢健吉の連れ合いで、健吉叔父さんが亡くなった後、頑張って生活してきましたが老人ホームで生活して8年が経過。

 4日に日暮里の谷中の宗林寺で葬儀が行われました。この日、私達夫婦は自宅の母の仏壇で「良子さんの葬儀に行ってきますよ」と挨拶して拝島まで五日市線で、その後西武線で高田の馬場へ。谷中銀座は平日のため静かなひと時でした。

 良子さんはとても大好きな叔母さんでした。健吉叔父さんとの間に子どもが居なかったこともあり私は小さい時から可愛がってもらいました。これからも谷中の宗林寺に行って墓参したいと思いました。
 

 
 

 12月 3日 月曜日

文殊堂 つもりちがい十ヵ条



 鹿教湯温泉の売店で見つけた 文殊堂 つもりちがい十ヵ条です。

 そのつもりで新しい年は頑張ろうと思いました。文殊の湯(もんじゅのゆ)に浸かり・・・ゆっくり出来ました。つもりちがい十ヵ条の意味合いをしっかりとつかまなければと思いました。その暖簾を撮りました。
 
  

 12月 2日 日曜日

今年もあと一ヵ月となりました



 早いものですね。今年もあと一カ月足らずとなりましたね。今日は机に向かってフェイスブックに第16回あきる野市の若き音楽家フェスタの案内を掲載したり、この一年間を振り返って「反省会」を行っています。

 夕方になり功生歯科に行きました。前歯が抜けてしまったのです。予約だけして今日は手続きだけにしました。患者がすごく多いのです。お正月までに治しておこうという方が多いようです。

 昨日に続き、孫たちの成長ぶりに驚いています。今年はワン倉、黒茶屋などに子どもと孫たちと食事に行けました。振り返ってみるとこうした家族での食事計画など、まったく出来ない活動スタイルだったんですね。昨日は娘の運転で温泉巡りもして来たのです。健康で暮らせる喜びを楽しめた一年間でした。写真は黒茶屋での会食の際、撮りました。


 

 
 

 12月 1日 土曜日


 

鹿教湯 七味温泉へ



娘の陽子の運転で七味温泉と鹿教湯温泉に行ってきました。鹿教湯には同居していた典子さんの母・茂子さんが「湯治」で一番行きたかった温泉でした。残念ながら足が弱ってしまい行けずじまいでした。一週間ぐらいでも足の治療に行かせたかった湯治場でした。
 紅葉館でのお風呂は露天風呂で、渓流と山並みが綺麗に紅葉していて最高のロケーションでした。

 この湯治場を紹介してくれたのは元秋川市野辺に住む保母さんです。保母さんは30年前に会社を退職して菅平にペンションをつくり、テニス部の仲間や当時、アウトドアの仲間たちのために宿泊施設をつくってくれたのです。若い頃は毎年のようにペンションに行ったものですが歳をとり、お無沙汰していました。今回、長女の計らいで行ってきました。リンゴが沢山売店で売られていました。写真は鹿教湯温泉の入口で撮りました。老夫婦です!!!。
 
  

 11月 30日 金曜日

9条守れ! 同級生が多かった



 秋川とうきゅう前で何時もの様に3000万人署名行動を行いました。

 今日は知り合いの市民が沢山、とうきゅうの玄関先に来ていました。多くの知り合いの市民から、沢山の激励を頂きました。歳も同じくらいの70代後半の方、80歳代の知人などと語り合えました。

 あとで解かったことですが、とうきゅうの前にルピアという商業核都市として集会場があるんですが・・・そこで「高齢者交流会」が開催されていたのです。顔見知りが多いのは当然でした。

 顔を見合わせ、挨拶した後は、「お互いに元気で人生100歳!頑張りましょう!!!」と声掛け合いました。
 

 
 

 11月 29日 木曜日


 

市政を本気で変える 集いに参加



 市民と野党が力合わせ政治を変えよう!の運動が、3年前の「安保法制」改悪の闘いで結束した運動が進みました。

 あきる野市でも秋川駅で、自民党と公明党をのぞく野党の市議会議員が宣伝カーに並び、通勤者や買い物する市民に向かって全員が演説して訴えました。残念ながら野党が大義をかかげ結束して闘うことが出来ず日本共産党は松本ゆき子さんを候補者として筋を通して闘いました。

 来年の10月には、あきる野市長選挙が行われます。市民の皆さんが呼びかけ合って先日、政策を語り みんなでつくり、その旗の下で団結して闘えば自民・公明党の開発優先の政治を打ち破れるぞーと、政策作りの場を開催しました。とても素晴らしいことです。

 この市民団体のつくった政策に基づき革新的な市民の大団結をすることに頑張らなければと私は思っています。
 



 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー