戸沢ひろゆき 日々の日記


 日本共産党あきる野市議会議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 4月 4日 水曜日

富士通あきる野工場 撤退し解体 7億円の税収は空文句でした


  昭和47年に法制化された「公有地の拡大に関する法律」により、土地開発公社を立ち上げ、富士通の用地確保のため農家から現在の富士通社有地を坪38万円から39万5千円で購入し、富士通に土地開発公社は販売しました。  一部残っていた緑地は、農家の相続税猶予などの土地であったため土地開発公社が富士通に売れずに土地開発公社が残りを自然緑地として購入しました。その緑地は医療法人杏林会が、簿価の6億2589万4648円で買い取ってもらえました。現在リハビリ施設が建設されています。  議会で私は、富士通誘致にあたり当時、企業誘致のために土地開発公社を利用するのは「公有地拡大に関する法律」と性質と違うと意見を申し上げました。企業誘致の土地購入は「公有地の拡大に関する法律」ではないからです。  この法律では土地購入だけではなく、土地を造成する費用まで法律の対象となっていたことから、大きな「吸い込み層」から大谷石の塀まで、土地開発公社が21億円の借金をして予算を投資しました。  富士通に土地が簿価で売れたことから、将来は、市に約7億円の税収が入るという説明を議会全員協議会で当時の渡辺助役が行っていました。ちなみに従業員は500人とも説明していました。
 

 


 4月 3日 火曜日


 

喜寿を迎えました


 私は1941年、昭和16年4月3日に生まれました。神奈川県川崎大師がある門が見える当時は畑ばかりがある地域で生まれました。  戦争が激しくなり、東京大空襲の時に父の茨城県友部群岩間の実家目指して両親と弟の4人で歩いて疎開しました。どういう訳か、銀杏並木の道路で空襲に見舞われています。新宿御苑の池で東京大火災を体験しています。  父に後で聞くと新宿御苑には爆弾が落ちないのだと聞かされました。途中の日暮里で父の兄が防空壕の中で水に浸かって死んでいました。それから思い出に空白があります。茨城県岩間での生活をしていたことを想い出されます。お寺でよく遊んでいました。教住寺であったことは後に知りました。4歳の時から東京武蔵境の通産省の官舎で暮らしていました。過去のこの日記でも書いていますが、子ども時代の話はまたの機会にするとして、武蔵野2中を卒業して横河電機で旋盤工として働き、夜は小金井工業高校に通いました。当時の子どもの頃のことも過去の日記に掲載しています。  喜寿を迎えて今、想うことは・・・よくもま~、元気に行動的に生きてこられたことだと自分ながら感心しています。  喜寿を迎え、多くの同級生や先輩が他界していることに神妙になっています。早く亡くなられた仲間や友人・先輩に対し、「申し訳が出来る人生」目指して生きていく思いです。  幸い、私は21歳の時に日本共産党に入党しました。勉強嫌いの学歴も常識もない私が、再び戦争で苦しむことが無いような社会をつくりたいと誓い、正しいことを正しいと、間違っていると思う事には間違いだと言える人生を生きたいとしっかり主張でき、行動できる生き方をしたいと19歳で日本民主青年同盟に加盟して「未来は青年のもの」と頑張り、党に入ってからは、国民が幸せに生きられる社会めざし「社会変革のため」生きてこそ・・と・「生きる道」と確信をもって生きて来たからこそ今があるのだと思っています。  政策が正しくても人間関係などで思うようにはいかず悩んだこともありますが、なにはともあれ、まっとうに闘いの先頭にたって生きることに心がけました。  思っていることを「立派」に書きましたが、喜寿を迎えた老人の日記だと思っていただきお許しください。  残る人生も、いきいきと元気に命ある限り社会が国民多数の幸せのために役立つ生き方をしてまいります。  文章の間違いや誤字脱字について、近いうちに訂正することはお許しくざさぃ。  
 

 4月 2日 月曜日

今年の春の花は元気が良くとても綺麗


 どうやら子ども達の入学式までには葉桜になってしまうのかなー。寒かったり雪が2度も降った後に良い天気が続いたせいか、待ってましたと・・・花が一斉に咲きましたね。  桜の種類から、日を追うごとに各種の桜が綺麗に咲きますが今年は一斉に咲きだしました。  私が大好きな近所の庭に咲いていた桜を撮りました。明日はとうとう私も喜寿を迎えます。歳を摂りたくないですね。
 

 

 4月 1日 日曜日


 

米国の武器そろえる防衛省


  もともと米国製が多い日本の自衛隊の武器類。米国特有の武器商法である有償軍事援助(FMS)での購入が急増している。  防衛費にFMSが占める武器調達額は二〇一八年度予算案を含めた最近五カ年間で一兆九千六百二十八億円に上り、その前の五カ年間の四倍以上となっている。社会保障は年々削られて国民の暮らしは大変です。    FMSは米国の武器輸出管理法に基づき、(1)契約価格、納期は見積もりにすぎない(2)代金は前払い(3)米政府は一方的に契約解除できる、という不公平な条件を受け入れる国にのみ武器を売却する仕組みです。  米国に有利な一方的な商売だが、高性能の武器が欲しい日本の防衛省は甘んじて受け入れてます。    問題は多い。米政府は滞空型無人機「グローバルホーク」について、三機で四百七十四億円と約束していたが、昨年になって約六百三十億円に値上げすると通告、代替できる無人機はなく、防衛省は言い分をのんだ。「カネを払ったのに届かない」「最初から壊れていた」などの事例もある。  日米貿易摩擦に発展しかねない状況にもかかわらず、昨年十一月の日米首脳会談で安倍晋三首相は米国製武器の追加購入をトランプ大統領に約束した。防衛省は翌月、米国製を含む長距離巡航ミサイルの購入を決めた。  FMSは武器取引を通じて、米国が他国を従属させるシステムでもある。日本の対米追従は強まる一方だ。 (半田滋)東京新聞電子版 2018年3月28日
 

 3月 31日 土曜日


 

いきいきセンター プールの外のすばらしさ


今から10年ほど前になります。当時は「撮影禁止」なんて書いてありませんでした。  このように素晴らしいプールからの外観です。この写真は素晴らしい価値を感じます。プールが10分間の休憩になるとプールの水面が鏡のようになり、外の景色を写します。ものすごい神秘的な感じとなります。しかもこちらは水着のパンツ姿なのです。  今年はと言うと、桜の枝の大きい右側の木が枯れてしまい切ってしまっています。本物を見せたかったですね。いきいきセンターの玄関先も桜が満開です。
 

 3月 30日 金曜日


 

みんなで力合わせて お花見


昨日は500円会費で草花公園で桜見ながらノンアルコールの「宴会」が行われました。  若い人は居ませんでしたが、町内会の昔の役員も含めてのお花見の会でした。みんなで 上を向いて歩こう 花 ふるさと ぼけない音頭 など歌いました。またジャンケン大会も行われ楽しいお花見の「宴会」となりました。松本ゆき子市議も党派を越えた仲間達と楽しい時間を過ごしていました。
 

 3月 29日 木曜日


 

野沢温泉地域での活躍に敬意


 「弘ちゃん!ポスターが貼ってある」の弘太郎の知らせ。再びホテルから坂道を降りて野沢温泉街(銀座通り)に向かう。  旅館の道路に面した壁に、添付した大きなポスターを発見しました。  嬉しいですね、こうしたスキー場を持つ観光地に光り輝く真っ赤な下地に憲法9条を守れ!のポスターです。  今度また野沢温泉に来た時にはポスターの貼り出した旅館に来なければ・・・と思いました。また、とても勇気を頂きました。  典子さんはこの温泉地で12カ所の「外湯」に娘の陽子さんと出かけ入浴してきました。私はスキーざんまいの休暇となりました。
 



 
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー