戸沢ひろゆき 日々の日記


 日本共産党あきる野市議会議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 2月 12日 月曜日

新春のつどい 成功する


 この11日には、西多摩母親大会が、また地域のPTAがお正月後の行事が重なる中で100名を超す多くの仲間が集まり、高橋路子さんのマリンバに聞きほれ、市議団の元気な挨拶を聞け、都議会議員の世田谷出身の里吉さんの都政の今問われている課題の話。そして各界の代表の話などがされ有意義な楽しみと勉強になる集まりとなりました。  野党と市民の力で暴走する安倍政権を倒し、憲法をシッカリ守ろうと呼びかける各団体の発言に大きな共感の拍手が起こりました。  私も主催者の一人として冒頭挨拶させていたいただきました。  遅くなってしまった「新春のつどい」でしたが、この日をバネにして、政治改革のため今年もがんばります。
 

 


 2月 11日 日曜日

特別養護老人ホーム 霞野地区に


 五日市三内で高齢者福祉の特別養護老人ホームが山間地にあり、老朽化し危険な状態であることから東京都からも移築が要求されていました。  現在東京都に於いて特別養護老人ホームの待機老人が6万人をかかえています。南聖園と言いますが、3回・4回と関係道路など含めてきめ細かに何回も地元説明会を行ってきました。  私にも地元の市議会議員だという事で、調整に調整を重ねて設計を考え説明を受けてきました。  私はこの予定地が14ヘクタールの天神・霞野土地区画整理計画が約30年前からあり、とりあえず計画の半分に当たる農地の7ヘクタールを区画整理特定保留地として、今後の検討課題としていました。とりわけ、圏央道日の出インターに接することから流通関係の土地利用がテーマーでもありました。この7ヘクタールの土地の「地区計画」をつくる議論もありましたが、住宅が張り付いている宅地部分の下水道計画を急がせるよう働きかけ、計画区域に入れ、今では下水道がつくられ利用されています。何しろ・・・私の庭みたいなものですから・・・  いよいよ老人ホームが来てくれます。南聖園の説明はとても先に住む私達の意見を大切にし尊重して対応してくれました。  今後のこの土地の天神・霞野地区の「まちづくり」に大きな影響をもたらします。混乱なく、予定地の説明が終わりましだ今後の建設事業についても事故等無く、開かれた、高齢者が頼れる街をつくりたいと思います。大いに私も今までの経験を生かして積極的な提案をさせていただこうと思っています。取りあえず、説明会が終わったことから日記に掲載しました。
 

 

 2月 10日 土曜日

高橋路子さんのマリンバ演奏が明日です


明日の11日、祭日ですが日本共産党あきる野市委員会が「新春のつどい」を秋川市のふれあいセンター集会室で開催します。  午後2時から4時まで、楽しさと学習を計画しています。前半の40分は高橋路子さんのマリンバ演奏会です。  高橋路子さんのマリンバ演奏は4年ほど前にも出演してもらいました。参加した皆さんのリクエストです。  マリンバは木琴の大きな打楽器?です。  素晴らしい音色に私も心を奪われてしまいます。  会費は無料ですから・・・舞台に飾る小さなお花の数々も参加者で抽選会を行い、当たった人のお土産になります。運営費用は、帰りがけに「募金箱」を用意し集まった資金で運営しています。  ぜひ、子どもさんを連れて参加してみてはいかがですか。私が開会の挨拶をします。
 

 
 

 2月 9日 金曜日


 

アベノミクスで若者の就職はままならない


 アベノミクスで若者の就職はままならない。雇用先のシフトで毎日働いていたコンビニには毎週3日しかお店で働けないという。  アベノミクスで日銀が行った追加緩和を利用して多くの大臣たちが儲けていた事が判明しました。報道記事によると、年金資金を株式に投入しようとしている塩崎恭久厚生労働相は4633万円相当の株を7423万円に増やして、山谷えり子国家公安委員長も保有株の価値を約67%も増やしていたとのことです。 また、竹下亘復興相に至っては株資産を3億円から7億円に激増させていました。大臣たちが持っていた株は三菱電機、三菱商事、住友不動産、富士通、関西電力、東京電力、武田薬品工業、新日鉄住金、帝人、全日空等で、いずれも有名な大企業ばかりとなっています。  国民の雇用が増え、若者に未来が見える様な経済状況を生みだしてほしい。
 
  

 2月 8日 木曜日

台風一過 秩父の山がそこに見える


 とても寒い朝ですが、雨上がりの後でもないのに秩父甲斐多摩国立公園の山々が近くに見える光景でした。  こんな素晴らしい環境の中で、横田基地からの戦闘機が飛びまわっていることが残念でならない。日本国憲法には「環境権」が保障されているはずです。安倍政権の一昨日のアメリカと共に行った記者会見にはあきれ果ててしまう。政治が変われば環境が変わる、アメリカの軍事力が北朝鮮に対する抑止力としか考えない安倍政権には困ったものです。
 

 
 

 2月 7日 水曜日


 

「ほほ笑み外交」


安倍晋三首相は七日、ペンス米副大統領と官邸で会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、日米で連携し、圧力を最大限まで高める方針を確認した。 北朝鮮が平昌(ピョンチャン)五輪参加を機に融和姿勢を見せていることを受け、北朝鮮の「ほほ笑み外交」には警戒していく考えで一致。日米韓三カ国の連携の重要性も確認した。   共同記者発表では、首相が「日米が百パーセント、共にあることを確認した。北朝鮮政策を完全に擦り合わせることができた」と会談の意義を強調した。  ペンス氏は「最大の脅威である『ならず者国家』に両国は対応し続ける」と応じた。近く北朝鮮に、さらに厳しい制裁を科すことも明らかにした。東京新聞電子版 2018年2月8日 朝刊 北朝鮮に対し、話し合うチャンスと考える国民も多いことだと思います。アメリカと一緒になって『ならず者国家』と跳ねつけるだけでは、対話の糸口をつぶしてしまう愚かな安倍政治だと思うのは私だけだろうか? 今日も横田基地から静かな上空に低空飛行で戦闘機が飛び回っている。最近は、この飛行機だって安全だとは言えない状況です。
 
  

 2月 6日 火曜日

生活と健康を守る会・新聞が具体的


 誰と話しても安倍政権の下で年金の引き下げ、高齢化して安心して暮らせない政治に対する批判の声が高い。  国会討論を聞いていても安倍首相の答弁は、言い訳の官僚の原稿を読んで回答し、再質問ではその解説をするが答弁になっていない。  聞いている高齢者からも「ありや―回答出ない」「説明して自分だけが説明に酔っている」と厳しい批判が続きます。  消費税の増税をして財源を使うので、社会保障費は削る、何故なら軍事費を増やし一部の大資本に軽減税率をしようとしている。生活と健康を守る会の新聞は、見事に説明している。
 

 



 
2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー