戸沢ひろゆき 日々の日記


 元地方議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 4月 4日 土曜日

断捨離を少しづつ



  79歳を迎えた今朝、断捨離の夢を見ました。あまりにも多い各種公的会議の議案書や発言原稿が事務所一杯あります。

 和服など5年、箪笥の中だと処分するといいとテレビのコマーシャルで宣伝していたせいでしょうか?。そろそろ処分しなければ・・・と宿題となっていました。

 そうだ!!!孫たちに救済を求めて思い切った処分をしなければ・・・と決意しました。取りあえず、スキーの道具と防寒着も・・・食べ物だと処理も面白いのにね。写真は我が家で行われた私の誕生会の会食。
 

 
 


 4月 3日 金曜日


 

長い議会活動を経験して79歳を迎える


皆さんの党派を越えるご支援を得て10期、42年間議会活動をさせていただきました。ご支援に心から感謝申しあげます。(合併特例法で2年延長)
 この間、町内会活動や小・中学校PTAの活動などや農業委員、収益事業組合、後期高齢者医療組合委員、阿伎留病院議会議長、各広域組合の議会議員なども体験させていただきました。

 この42年間と引退しての3年間を合わせると、45年間に多くの仲間と後援会の仲間などに大変お世話になった市民の方が他界しました。そういうなかで私は健康に恵まれ79歳の誕生日を今日迎えました。42年間というと人生の半分以上が「公職」だったことになるんですね。

 いつお迎えに来るのか知れませんが、生きている限り、「社会変革」と市民に役立つ一日一日を過ごしていきます。78歳の昨年に胃癌の手術をしたことで改めて命の大事なこと、健康に過ごすことが大事なことを心底体験しました。今日は義兄弟や子ども達と共に「夕食会」をしていただけます。地域の皆さんや後援会の皆さんの時代・時代が走馬灯のようによみがえりますが、昔話をしながら過ごそうと思います。
 写真は昨日、瀬戸岡の歴史環境保全地域を散歩していたら見事に咲いたカタクリの花の満開の姿を見ることが出来ました。

 隣組の先輩、亡くなられて15年。渡辺爺さんからご指導いただいた 万葉集の唄を掲載します。

     堅香子(かたかご)を詠んだ歌
万葉集にはたった1首にしか登場しませんが、大伴家持(おおとものやかもち)が詠んだ歌として有名です。

  もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花

 

 4月 2日 木曜日

79歳の誕生日を明日 迎えます



  3日の明日 79歳の誕生日を迎えます。私が生まれた昭和16年(1941年)は日本が戦争を始めた年でした。

 大変だった時代です。その時代の時については近く掲載しますが、二人の姉の後、3番目の子どもとして生まれたのです。

 78歳で胃癌にかかるまで案外健康に恵まれて生きて来ました。志村けんさんが70歳でなくなりショックを受けました。「へんなおじさん!」と繰り返す歌を思い出します。最近の食卓で食べている夕食を撮りました。固いものは遠慮していますがアルコールを含めて辛いオカズも一生懸命食べています。
 

 
 

 4月 1日 水曜日


 

新しい年の4月を迎えましたね



 コロナウイルスの惨事。演劇活動する知人から未収入の悲鳴が聞かれています。高齢者から健康と生命に関する不安の声が寄せられています。
 また、トイレットペーパーが無くなりテェツシュもないとSOSの電話がかかって来ました。取りあえず我が家では二人の生活なので以前からの在庫を送ることにして今日買いに行って来ます。全国で沢山の高齢者家庭では、食料も含め悲鳴が起こっています。

 私達で出来る対応に全力で取り組みます。マスクの写真、判りますか?。
 

 3月 31日 火曜日

志村けんさんがコロナで犠牲に



「8時だよ!全員集合」などで全国のお茶の間に笑いを届けていた志村けんさんが新型コロナウイルスに「コロ」っと逝った。

 まだ70歳と聞いて、すごくショックを受けました。若い頃 毎日、活動で忙しく走り回っていましたが 「8時だよ!全員集合」の時だけはテレビに子ども達と釘付けになって楽しんでいました。
 
 日曜日の夜には、1724人が新型コロナウィルスにかかったと報道されていました。パンデミックは加速しているの゛でしょうね。一日で200人も感染されているというのです。世界では206ヵ国 68万人が感染。私の78年の人生でもなかった出来事です。

 仏様か神様にお願いしたい気持ちで近くの家の方の立派な刻に手を合わせてもらいました。
 

 
 

 3月 30日 月曜日

よく気が付くお隣のおじいさん


一坪しかない市道に接する庭に しんぶん赤旗の宣伝紙や14日から変更したJRの接続ダイヤを置いて、通行する市民に「自由にお持ち帰りください」と置いているベンチに昨日から新たにお隣さんが手製のマスクを十数枚つくり、子どもたちを対象に箱にいれて置いています。

 子どものために帰宅する子ども達の安全のために通学路と信号機の前に立ち安全のの見守り活動をされています。そして今回のコロナウイルスで、手製のマスクをつくり無料で配布する活動をするお隣さんにご近所さんも感心しています。
 とてもやさしい・・・「おじいさん」です。



 

 

戸沢ひろゆき   + H 2020/03/31 09:43  [296]
  マスクの拡大写真が添付されていませんが、数日後に掲載しますね。

 3月 29日 日曜日


 

腹の中の事情



 昨年10月21日に胃癌の手術して五カ月を経過しました。先日、経過を調べる定期健診に行って来ました。

 担当してくれている若田先生から、「ステージは2から3と考えてください」と説明されました。
 体重は65㌔で固定化し始めていますが、胃の手術の切り傷はOKでした。ガンの転移などは血液検査で先生が睨んでくれています。

 説明のステージについてです。2から3と言うのはどういう事でしょうか?。ステージは悪くなったようです。検査の日によりますが、先生との話し合いで、「今はまだまだ治療中、動けるからと何でもするとストレスがたまるので、気軽に毎日を過ごしなさい」という事のようでした。無理を溜める様な活動は駄目ですよ~と言われたようですね。少しづつ活動の分量を増やしていくことを検討していきます。

 
  



 
2020年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー