戸沢ひろゆき 日々の日記


 元地方議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 11月 18日 月曜日

17日 「全国首長九条の会」を結成し


安倍政権が目指す憲法9条改正を阻止しようと、自治体の現職の首長や首長経験者が「全国首長九条の会」を結成し17日、東京都内で集会を開いた。「憲法と地方自治を踏みにじる行為に反対する。住民と力を合わせて運動を進める」とのアピールを採択した。

 共同代表に松下玲子・東京都武蔵野市長や武村正義・元滋賀県知事、稲嶺進・前沖縄県名護市長ら8人を選んだ。当面の活動方針として、9条改憲反対の署名運動強化や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止、自衛隊員募集の自治体への強制反対などを決めた。
呼び掛け人・賛同者は計約130人で、うち現職は13人 写真は我が家の向かい側の盆栽の名人の玄関前の花木。

 

 


 11月 17日 日曜日


 

トランプが米軍駐留経費の負担額を増やす考え


米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が7月に来日した際、在日米軍駐留経費の日本負担額を現行の4倍に増やすよう求めていたと報じた。
 トランプ大統領は、日本や韓国、北大西洋条約機構(NATO)加盟国など同盟国が、米軍駐留経費の負担額を増やすべきだと主張している。記事によると、ボルトン氏は日本の次に訪れた韓国では、米軍駐留経費の負担額を5倍に増やすよう要求したという。
 防衛省によると、在日米軍駐留経費の日本負担額は、2019年度予算の歳出ベースで1974億円に上る。駐留経費の負担に関する日米間の特別協定の期限は21年3月末に切れる。米政府内には日本に大幅な負担増を求めることに慎重な意見もある。米誌フォーリン・ポリシー(電子版)

 

 11月 16日 土曜日

年賀状を書く時が来た



正月になり年賀状が届く郵便ポストを見るのが楽しみだった。新しい年を迎える私は、体を壊して迎えるわけだが、賀状を送るのも返事を出すのも・・・今までと違う気分になりました。

 、
 

 
 

 11月 15日 金曜日


 

桜見る会は大問題 無かったことには出来ません



「桜を見る会は民主党時代も(1回)開かれた」との意見がありますが、民主党時代にも問題があるなら問題にすればよく、現在の問題をなかった事にする理由にはなりません。因みにWikiをみると、安倍内閣になってから招待数が急増、更に予算に対する支出額が3倍で、それだけでも行政執行上問題です。米山 隆一@RyuichiYoneyama

 
  

 11月 14日 木曜日

カラスウリの実がなつかしい



 自分が幼い小学生の頃、秋の運動会の前日に武蔵境の林の中に友とでかけ、カラスウリを取りに行ったものです。なにに使うというと???50㍍競争の前に足の左右に練りまくって乾して、友と徒競走のために並びます。

 不思議なんですね、このカラスウリの汁を足につけた後に走ると、トップでテープが切れて一等賞になるんです。ともに進めて同じように走ったら、やっぱり一等賞になったんです。

 中学生時代に、子どもの頃にカラスウリを付けて走ったことを友に語ると・・・今回も「やってみよう」という事になり、前日に友の家に届けました。 いざ、走ってみるとやっぱり二人ともグループで一番トップになれたんです。 そんな思い出があるカラスウリが家の近くの畑の境になっていました。
 

 
 

 11月 13日 水曜日


 

昔 かりんの漬物づくりを沢山・・・



かりんの木が大きくなり、花梨が鈴なりです。持ち主の方は、どうぞーお持ち帰りを!と言ってくれていますが、花梨の焼酎漬けにして実も食べますが漬けた焼酎が健康長寿に抜群の健康食の飲み物になります。

 今年も沢山実をつけています。どなたか欲しい人がいれば持ち主の小野さんに声をかけるんですが・・・。

 それにしても毎年素晴らしい量の花梨の実がとれるのです。
 

 11月 12日 火曜日

プライベート写真館 戸沢ホームページより



  1998年の夏、私の四十年の活動の原点は、アメリカのベトナム侵略反対の反戦の闘いでした。
たまたま三多摩青年合唱団のОBとしてベトナム合唱交流の集いが開催され、娘夫婦と参加しました。
当時はサイゴン(今のホーチミン)と夢にまで見たハノイに同行できました。ここで、アメリカの侵略戦争のむごさを見ることが出来ました。サイゴンは無血革命、統一した現在、ドイモイ政策で活気あるベトナムを再認識しました。
今は二十歳になったべト・ドクちゃんにも会えました。クチというところでアメリカ兵と戦った「べトコン」、知恵のある「地」の利を生かした交戦には驚きました。昨日の日記を観てもらった仲間に2枚の写真と戸沢HPからコピーしました。
 



 
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー