戸沢ひろゆき 日々の日記


 日本共産党あきる野市議会議員 戸沢ひろゆきの日記
 



 12月 17日 日曜日


 

飲む酒が減りました


 議員年金が7年ほど前に廃止されたことから、また通算30年までで頭打ちとなったことから過去から年金の支給される権利があったことから1ヵ月に振り込まれる議員年金は私の場合、12万円と先輩たちより支払い期間が多いのに少ない年金となってしまいました。  自分の意思で好きなことをして来たんだから仕方ないと諦め、むしろ76歳まで現役議員報酬を頂いてきたことに感謝することにしました。平成の合併で議員の数が大幅に減ってしまったことが原因です。通算で2000万円ほど先輩より支払いが増えたにもかかわらず・・・  議員年金は3・6・9・12月に支給されます。勿論 退職金は出ていません。これからは計画的支出を原則にしないと預貯金がドンドン 減っていってしまいます。  昨日はイオンモール街酒屋に立ち寄ってみたら、北陸の地酒が店に配送されていました。八海山、越乃寒梅、緑川の酒が店頭に並びました。お正月が近づいているからでしょうね。懐具合で買うことが出来ず、写真だけお店に断って撮りました。  
 
  


 12月 16日 土曜日

超短波治療器の お試しで克服


ありがとうございました。とうきゅう玄関入って右側で9月20日から行われてきた伊藤超短波治療器の無料お試し20分体験に可能な時間をつくって参加してきました。この18日で終了です。  イトピア(この日記でどんな治療器かをお知らせしました)での体験を通して、私の体に変化が起こっています。  長い「公務」から気分転換の体調が求められていました。具体的には10数年の睡眠導入剤から解放されたことです。肩の痛みは完治してはいませんがだいぶ軽くなってきました。  夜、考え事があったせいで寝つきが悪くて悩んでいました。今までは夜にウイスキー・焼酎の水割りなくして睡眠が出来ない夜が多くありましたが、今では晩酌せずに布団の中で「眠りにつく」ことが出来るようになりました。  感心したのは、1回20分の無料体験の効果だけではなく体験に来ている皆さんが真剣に自分の健康に気を使っていることでした。参加されている皆さんとイトピアの指導者とが健康問題で同一の姿勢で体験してきたことです。参加された方々と会話が出来ました。腰の痛み、快適な排便が出来ない悩み、イライラ、手足が冷たくて眠れないという悩みなど語りあえたことです。  とても良い経験をさせてもらいました。写真は秋留台公園から西西南の方向に晴れた日だと富士山が顔を出す。  
 

 
 

 12月 15日 金曜日


 

地域防犯委員になりました


先日、あきる野市地域防犯委員の「研修会」がふれあいセンターで行われました。  研修内容は「振込サギ」に対する研修です。  福生警察から巧妙な振り込ませる実態について寸劇形式で教えていただきました。そして「私は引っかからない!」と言う高齢者が息子の会社での紛失を理由に母親になんとか助けてほしい、という単純なケースだけでなく電話に会社の上司が登場していたり、事故に関して息子だけ警察官が登場したりして複雑な「振り込ませる作戦」に騙されるケースなどサギに学習成果として、そのダマしのテクニックが大きく変化していることを新人の私達に、分かり易い劇として教育されました。  昨日は市役所にお願いしていた看板(飛び出し注意)2枚と一枚は不審な人に気をつけて看板を1枚、近所の対象される過去の事件が多かった場所に設置・取り換えをしました。  寒い地域で、帽子をかぶって行動していたので私だと気が付かない知人もいました。こうした活動も地域で必要だと改めて思いました。防犯委員となって初めての地域に出ての活動を体験しました。
 

 12月 14日 木曜日

秋留台公園に 森の精


ラジオ体操する秋留台公園に、公園を管理する人たちが森の精がつくられました。  落ち葉がグランドを囲むウオークする道に沢山落ちています。カサカサと歩くと秋が終わり冬が到来していることを強く感じます。  トイレの入り口に写真のような材木を斜めに切り彫刻し顔になる面のお化粧した森の精が登場して、ウオークする私達に連帯の挨拶をしています。  ふと、我が家のお隣の安藤さんのベランダにこの森の精と同じものがつくられていることに気がつきました。秋留台公園での講習会に行ったんだとは聞いていましたが・・・大きさが違いますが指導を安藤さんは受けたんですね。  いいですね、「自然を大切にして欲しい」と呼びかけているようです。なんとなくホッとしたように感じ、森の精を撮りました。
 

 
 

 12月 13日 水曜日


 

あきる野市シニアソフトボール大会


この6月市議会改選前の議会公務は副議長担当でした。議長の任務が不都合な時は議長に代わって議長の職務を担当するという決まりから、この私にとっては任期最後の2年間はある意味で任務の思い出が生じました。  その代表的な議長差し替えの時に代役を務めましたが、こんな写真が整理していたら出てきました。それは、前回のあきる野市シニアソフトボール大会で生まれて初めて「始球式」に登場したサプライズです。  数日前に代理での挨拶を仰せつかっていました。10期務めている私としてはシニアの大会にふさわしいユニホームはと、考えて合併前の秋川市のソフトボール大会で使用したユニホームを着て大会に参加しました。大会の役員の方のほとんどが私が秋川市と書かれたユニホームを知っていました。幹部の方が推薦されて挨拶だけでなく、始球式の投球を仰せつかったのです。  私はその推挙に応えてマウンドに立ちました。キャッチャーまで届かないような下手くそなボールとなりましたが、打者はバットを振り回してストライク、ここまでは良くある例の始球式です。ところが驚いたのは、その始球式の投球するボールが手から離れた瞬間を撮影してくれた職員がいました。  この写真を観て、そう、秋川市議会の古いユニホームだと気がつく人は居ても、ボールが手から離れて一瞬にカメラのシャッターが切れ、見事このような写真が撮れるとは思えない奇跡のような光景だったのです。  玉をほうる右手先端の白い空白のようになっているのは、ソフトボールの球が写っているのです。珍しい写真だと思っています。  私にとって、この写真は議会活動に於いて貴重な写真となったのです。フェイスブックでも表紙に使いたいと思います。とても良い思い出の写真となりました。撮影した〇〇さん!ありがとうございました。
 
  

 12月 12日 火曜日

Kan-KURAレストランで食事会



 1昨日の夜、息子の太一と嫁さん、孫の拓と綾が私達老夫婦を案内して五日市駅の下の秋川河川公園下流にあるKan-KURAレストランで食事会を開催してくれました。私のご苦労さん、11月18日、72歳になった典子さんの誕生日、孫たち(拓20歳)の成人の祝いなどの「お祝いのつどい」でした。陽が落ちた河川公園遊歩道はとても素晴らしい光景でした。夕食費用も太一夫婦が面倒をみてくれ楽しい夕食を過ごしました。こういうことは滅多にないので掲載します。蔵の中を外から写しました
 

 

 12月 11日 月曜日


 

風船爆弾



風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球に 爆弾を搭載した兵器である。秘匿名称は「ふ号兵器」。

「風船爆弾」は戦後の用語で、 当時の呼称は「気球爆弾」である。戦果こそ僅少であったものの、ほぼ無誘導で、第二 次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を 跨いで使用された兵器であり、実戦に用いられた兵器としても約7700km(茨城県から オレゴン州への概略大圏距離)は、発射地点から最遠地点への攻撃である。

 こんな爆弾がアメリカ大陸に飛ばされる秘密兵器が使う計画があったと見て驚きました。
 
  



 
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
今月
下の項目を入力すると、コメントを削除することができます。
■コメントNo

■削除キー